システム障害発生中のため、株式や投資信託の売却および出金申請をシステム障害時専用サイトにて受け付けております。

現物取引

業界最低水準の手数料。
LINE証券なら、注文もシンプルでかんたんです。

  • 現物取引手数料が
    業界最低水準

  • 注文が
    シンプルでかんたん

  • オリジナルの
    投資情報が充実

現物取引とは

現物取引とは、各証券取引所に上場している株を売買する取引(取引所取引)のことです。LINE証券では、東京証券取引所に上場している約3,700銘柄を100株単位で取引できます。

現物取引の特徴

  • 値上がり益

    株価が上昇した後に株を売ることで利益を得られます。

  • 配当金

    会社が稼いだ利益の一部を配当金として受け取れます。

  • 株主優待

    会社の製品やサービス等を株主優待として受け取れます。

LINE証券の現物取引のメリット

メリット1

業界最低水準の手数料

LINE証券なら、現物取引手数料が業界最低水準。
他社と比べてみてください。

現物取引手数料の比較*

約定代金

  • 5万円
  • 10万円
  • 20万円
  • 50万円
  • 100万円
  • 150万円
  • 3,000万円
  • 3,000万円超

※税込

LINE証券

  • 55円
  • 99円
  • 115円
  • 275円
  • 535円
  • 640円
  • 1,013円
  • 1,070円

SBI証券
スタンダード
プラン

  • 55円
  • 99円
  • 115円
  • 275円
  • 535円
  • 640円
  • 1,013円
  • 1,070円

楽天証券
超割コース

  • 55円
  • 99円
  • 115円
  • 275円
  • 535円
  • 640円
  • 1,013円
  • 1,070円

マネックス証券
取引毎手数料
コース

  • 110円
  • 110円
  • 198円
  • 495円
  • 1,100円
  • 1,650円
  • 33,000円
  • 33,000円

auカブコム証券
ワンショット
手数料

  • 55円
  • 99円
  • 115円
  • 275円
  • 535円
  • 1,584円
  • 4,059円
  • 4,059円

スクロール

*ネット証券で口座数の多い上位5社(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券※五十音順)と当社で、1注文の約定代金に応じてかかる現物取引手数料を、他社の1注文の約定代金に応じてかかるコースと比較(2021/08/13現在、LINE証券調べ)。auカブコム証券の100万円超は「約定金額の0.099%+99円(上限4,059円)」。マネックス証券は成行注文の場合で、100万円超は「約定金額の0.11%」。LINE証券には1注文の約定代金に応じてかかる手数料体系のみ存在するため、松井証券を含めた他社の1日の約定代金に応じてかかるコースは比較対象に含めておりません。また、他社の大口優遇手数料やキャンペーンなどによる期間限定の割引手数料などは除きます。

*相対取引(単元未満株を含む)を除きます。詳しくはこちらをご確認ください。

*インターネットでご注文の場合。他のご注文方法の場合は手数料がかかる場合がございます。

メリット2

注文がシンプルでかんたん

株の注文は数タップで完了

価格と数量を選ぶだけで簡単に注文できます。
成行注文では数量を決めるだけです。

見やすい2つのチャート

ラインチャートとローソク足を切り替え可能。
移動平均線も表示できます。

板情報を見ながら注文

板情報でタイミングを逃さずに注文できます。
また、取引時間外でも予約注文できます。

メリット3

オリジナルの投資情報が充実

決算速報をLINEでお届け

決算発表の内容をLINEで通知します。
AIによる株価トレンド予想つき。

投資したい株がすぐに見つかる

「割安な銘柄」「人気優待銘柄」など
20種類以上のカテゴリをご用意。

ニュース、業績情報やアナリスト評価も

ニュースや業績情報、
ファンダメンタルズ情報から
アナリスト評価まで。

株主優待情報や配当情報が充実

受け取れてうれしい株主優待や
配当に関する情報も充実。

おトクな市場を自動判定する
SOR注文に対応

LINE証券の取扱市場は2種類
  • 東京証券取引所
  • チャイエックス
    ジャパンPTS

- SOR注文とは、Smart-Order Routing注文の略称で、複数の市場等から、お客様の売買注文を最良の価格で約定できると思われる市場等に自動的に執行するシステムのことです。

- LINE証券では、自動的にSOR注文が執行されるので、特別な設定をすることなく、価格改善効果が期待できます。

少額から投資を
はじめてみたい方へ

現物取引は100株単位での取引になりますが、
「いちかぶ(単元未満株)」なら、1株単位で取引できます。

いちかぶ(単元未満株)

サービス概要

1.取扱銘柄

当社では原則、東京証券取引所に上場している銘柄を取扱います。ただし、一部の銘柄は取扱いません。

2.注文受付時間

原則365日、24時間。ただし、次の時間帯を除きます。

営業日: 15:00~16:59

※システムメンテナンス等の時間を除きます。

3.注文方法

指値注文(価格指定): 価格を指定する注文方法です。

成行注文: 「いくらでもよいから買いたい・売りたい」というように値段を具体的に指定しない注文方法です。

3min

最短3分で申し込み完了!
スマホで完結・最短翌営業日に開設