Sansan/JMDC/ディスコ(野村アナリスト 今週の銘柄紹介)

 

2021年6月14日

 

06/13 13:00 FINTOS!編集部

Sansan(4443) 情報・通信

日本を代表するSaaS 企業

 当社は法人・個人向けにインターネット経由で名刺管理サービスを提供する、クラウド型ソフトウェア(SaaS: Software as aService)企業である。

 

 2020.5期売上の92%を占める法人向けの「Sansan」は、名刺管理の効率化を軸に、社内の人脈情報の可視化・共有による営業機会の創出など独自の付加価値を提供し、顧客企業の生産性改善を支援する。法人向けでは8割超の圧倒的な市場シェアを有する。最近では働き方改革も追い風に、大手企業を中心に利用が拡大している。

 

 個人向けサービスの「Eight」は、21年2月時点で286万人が利用する、名刺を起点としたビジネスSNS である。

新型コロナ禍でも堅調、新事業も開始

 主力製品のSansanは、新型コロナ禍で企業の新規導入が一時鈍ったが、既存顧客では、在宅勤務環境下での顧客の連絡先情報の共有に活用された。また、「オンライン名刺」機能など、非対面会議への対応を進めた結果、Sansan事業のストック売上高は直近21.5期第3四半期も前年同期比22.9%増と、堅調に拡大している。

 

 20年5月には、名刺データ化技術を応用し、紙やPDF等形式で受領した請求書を電子データ化する「Bill One」を開始。20年10月には、イベント運営を効率化する「イベントテック事業」を開始。在宅勤務が追い風となる事業も始め、22.5期以降の売上高成長の加速を図っている。

(吉田 純平)

JMDC(4483) 情報・通信

医療ビッグデータ利活用を最適化

 主に健康保険組合経由で収集した医療データ(検診・レセプト)を匿名加工し、組合員向けの健康支援や製薬会社、生損保にデータ販売を行うヘルスビッグデータ事業と、793名の契約放射線診断専門医(2021年3月末)が遠隔読影を提供する遠隔医療事業を2本の柱とする。

 

 当社は約930万人の健保由来データを有し、ICT(情報通信技術)を活用し、生活習慣病の増加、医療の地域格差などの解決を目指している。データの利活用は多岐にわたっている。製薬会社は創薬支援や市販後調査など、生損保は新商品開発で活用しており、健保組合員向けに当社独自の健康増進支援サービスを提供している。

ヘルスケアDX をリードする銘柄へ

 21.3期は新型コロナ禍の影響を受けつつも、前期比38%増の売上168億円、同67%増の営業利益37億円と好決算であった。遠隔医療事業では受診抑制や手術数減少などの影響を受けたが、ヘルスビッグデータ事業はインダストリー向け取引額および健保組合員向けサービスのユーザー数が増加し、売上は同77%増と伸長した。

 

 データを活用したコンサルティングやアプリ開発を立ち上げ、疾患発症予測AI(人工知能)活用の重症化予防プログラムも開始。データ種類拡充とサービス種類拡大が更なる成長と競争優位持続につながり、ヘルスケアDX(デジタルトランスフォーメーション)を先導しよう。

(繁村 京一郎)

ディスコ(6146) 機械

半導体製造装置の有力企業

 当社は工業用砥石を扱うメーカーとして出発、切断・研削技術を応用して半導体製造装置事業に進出し、大きく成長した。

 

 半導体の製造工程では、シリコンウェーハ上に電子回路のパターンを形成した後、切断してパッケージングし、完成した半導体チップを検査して出荷する。

 

 当社が得意とする製造装置は、シリコンインゴットから切り出したウェーハを研削するグラインダと、ウェーハ上に形成した半導体デバイスを切断するダイサである。

 

 世界シェアはグラインダとダイサが70%以上。また、ダイサの消耗品であるブレードも製造しており、この分野の世界シェアは80%以上となっている。

過去最高受注で工場はフル稼働

 目下、世界的な半導体不足を背景に、装置需要は急増しており、2021年1~3月期の受注は過去最高を大きく更新、21.3期業績は過去最高を記録した。

 

 当社を始めとする半導体の組立装置を扱うメーカーの製造ラインは、秋以降もフル操業が続く見込みである。

 

 当社は、あらゆる技術変化に対して布石を打っており、5G(第5世代通信)スマートフォンの高機能化によるセンサの多様化、電子部品の小型化、先端パッケージの実用化などが事業機会となろう。

 

 中期的には、カーボンニュートラル化の流れを受けたパワー半導体需要の増加で業績はさらに成長しよう。

(和田木 哲哉)

 

※野村週報2021年6月7日号「銘柄研究」より

 

 

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年6月13日に公開されたものです。

元記事:Sansan/JMDC/ディスコ(野村アナリスト 今週の銘柄紹介)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。