ドル円想定レンジ:1ドル=113.25~115.25円(野村ストラテジストのドル円の見方)(11/23)

 

2021年11月24日

 

11/23 08:30 FINTOS!編集部

 ドル円相場は17日に一時114円97銭まで円安ドル高が進み、17年3月以来の高値を付けた。115円突破に失敗したこともあり、先週後半以降は円安の勢いは鈍っているが、依然として円安ドル高トレンドは継続していよう。当社は21年末見通しを115円(旧:113円)へと上方修正しており、年末に向けて一段の円安ドル高リスクを見込んでいる。

 

 今週は米国がサンクスギビングを迎えることもあり、投資家のアクティビティはやや低下しそうだ。持ち高調整に伴うドル安の可能性もあり得るが、今週中にはFRB議長人事の公表が予想され、注目度が高い。オンライン予想サイト(PredictIt)では依然としてパウエル議長再任がメインシナリオとなっており、ブレイナード理事の議長昇格があればドル安での反応が予想される。もっとも、インフレ率が上振れする中、FRBは全体としてタカ派化する流れにあり、ブレイナード理事の議長昇格の場合でもドル安は短命に終わりそうだ。23日(火)総合PMIや24日(水)PCEデフレータ-といった経済指標に加え、24日(水)FOMC議事録なども注目される。

 

 日本では主要生保の21年度上期決算が出揃う見込みだ。今年度の生保の外債投資は勢いが鈍く、運用計画でも為替リスクを伴った外債投資への意欲は限定的に留まる。とはいえ、今後の外貨投資余地を占う上で、ヘッジ比率などに注目しておきたい。

 

※2021年11月22日発行「国際金融為替ウィークリー – ドル円115円超えを予想」より一部抜粋

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年11月23日に公開されたものです。

元記事:ドル円想定レンジ:1ドル=113.25~115.25円(野村ストラテジストのドル円の見方)(11/23)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。