ドル円想定レンジ:1ドル=111.50~114.00円(野村ストラテジストのドル円の見方)(10/12)

 

2021年10月12日

 

10/12 13:00 FINTOS!編集部

 9月の雇用者増加数は市場予想を下回ったが、過去分の上方修正や失業率低下もあり、11月テーパリング開始決定との市場の見方は維持されたと見られる。為替市場では円安圧力が強く、一部新興国通貨を除いてほぼ円全面安の展開となった。ドル円相場も112円台を再び回復、18年12月以来の円安ドル高水準を記録している。円安ドル高圧力が強まる中、目先は113円台及び18年12月17日の高値(113円52銭)を試す展開も想定すべきだろう。
 

 米国では13日(水)CPI、15日(金)小売統計などの経済指標に加え、13日(水)FOMC議事録でテーパリングのペースや終了時期などの詳細についての議論がどの程度深まっていたかが注目される。FRBがインフレへの警戒を一段と高めるようだと、ドル円相場の上昇圧力が強まりそうだ。
 

 日本では14日(木)臨時国会会期末を迎え、衆院は解散、31日の衆院選に向けて選挙戦が本格化する。岸田内閣発足後の世論調査では、内閣支持率の回復が見られたが、菅政権発足時と比較して支持率の回復は限定的となった。選挙戦が本格化に向かう中、世論調査や議席数予測などへの注目が集まりそうだ。13日(水)G20財務相・中央銀行総裁会議ではデビューとなる鈴木財務相のコメントに注目したい。


※2021年10月11日発行「国際金融為替ウィークリー」より一部抜粋
 

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年10月12日に公開されたものです。

元記事:ドル円想定レンジ:1ドル=111.50~114.00円(野村ストラテジストのドル円の見方)(10/12)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。