ドル円想定レンジ:1ドル=108.75~110.75円(野村ストラテジストのドル円の見方)(8/17)

 

2021年8月17日

 

08/17 13:00 FINTOS!編集部

 先週金曜日の8月ミシガン大消費者信頼感指数の下振れにより、7月雇用統計公表後のドル高は巻き戻された。米利上げ期待も後退、10年債利回りは再び1.3%を割り込んでいる。為替市場では金利差に敏感な円の対ドルでの上昇が目立ち、ドル円相場は再び110円を割り込んだ。ドル円が上値を試す展開は小休止となり、目先は再び110円を中心としたレンジ相場へと回帰するリスクが高まっていよう。

 

 先週金曜日公表のロイター調査によれば、43人中28人のエコノミストが9月FOMCでのテーパリング決定を見込んでいた。雇用統計後の調査とはいえサプライズである。消費者心理の悪化もあり、9月FOMCでのテーパリング決定は依然としてリスクシナリオにとどまるが、ジャクソンホール会合を前にした17日(火)パウエル議長講演、18日(水)FOMC議事要旨などでのFRBのコミュニケーションが注目される。また、消費者心理が大きく悪化したことから、17日(火)小売統計の重要度も高まっている。16日(月)NY連銀製造業指数などで、デルタ変異株の企業景況感への影響を確認することも重要だろう。

 

 日本からは17日(火)貿易統計などの経済指標が予定されているが、国内での感染拡大が懸念される中、日銀の政策姿勢が目先の指標に影響を受ける可能性は低い。ドル円相場の反応も限定的となろう。

 

※2021年8月16日発行「国際金融為替ウィークリー」より一部抜粋

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年8月17日に公開されたものです。

元記事:ドル円想定レンジ:1ドル=108.75~110.75円(野村ストラテジストのドル円の見方)(8/17)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。