ドル円想定レンジ:1ドル=109.00~111.00円(野村ストラテジストのドル円の見方)(7/20)

 

2021年7月20日

 

07/20 13:00 FINTOS!編集部

 米金利の低下圧力が根強く、先週後半のドル円は再び110円割れでの推移となった。デルタ変異株拡大への警戒も燻る中、ユーロ円などのクロス円相場についても上値の重い展開だ。OPEC+の合意を織り込む中で原油価格が調整していることも、対資源国通貨中心に円高圧力を強めていよう。今週は23日(金)東京五輪開幕を受け日本が4連休となる。ドル円取引の流動性低下の可能性も意識され、慎重姿勢で臨む参加者が多そうだ。ドル円相場はやや上値の重い展開が見込まれる。

 

 米国では28日(水)FOMC会合を控え、今週はFRB高官の発言が少なくなる。23日(金)総合PMIを中心に、今週も経済指標を丹念に確認していくことが重要になるが、FOMCを前に大きなトレンドの転換はなさそうだ。今週には超党派で進められているインフラ投資法案について、上院で審議入りに向けた動議の採決が行われる可能性があり、財政政策面での進展が見られるかも注目される。来週のFOMC会合ではテーパリングについての議論が進められる見通しだが、6月の雇用改善が限定的となったこともあり、9月会合でのテーパリング決定を示唆するほどの明確な進展は見られないだろう。市場の注目は8月初旬の経済指標やジャクソンホール会合へとシフトしよう。

 

※2021年7月19日発行「国際金融為替ウィークリー」より一部抜粋

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年7月20日に公開されたものです。

元記事:ドル円想定レンジ:1ドル=109.00~111.00円(野村ストラテジストのドル円の見方)(7/20)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。