ドル円想定レンジ:1ドル=110.00~112.00円(野村ストラテジストのドル円の見方)(6/29)

 

2021年6月29日

 

6/29 13:00 FINTOS!編集部

 6月FOMCでのタカ派サプライズをこなし、金融市場は安定感を取り戻しつつある。米S&P500指数はFOMC前の水準を回復し、史上最高値を更新した。米10年債利回りは1.5%台前半に留まっているが、鮮明なのが2年や5年金利の高止まりだ。ドル円相場は米5年金利への感応度が高く、6月FOMCを経てドル円相場は上昇リスクが高まったとの評価が妥当だろう。ドル円が昨年3月以来となる111円台回復となったことに違和感はない。

 

 今週の最大の焦点は2日(金)米雇用統計となる。現時点の市場コンセンサスは70.0万人の雇用増と5月の55.9万人増からの加速が見込まれている。FRBの政策姿勢への影響という点では、雇用者増加数に加え、供給側の影響を受ける賃金上昇率や失業率、労働参加率も重要になる。労働市場における供給制約の完全な解消は時期尚早だろうが、解消の兆しが強まれば、より持続的な景気拡大への期待から7月FOMCでのテーパリング議論の本格開始の機運が高まろう。株価などの反応を見極める必要はあるが、ドル円相場には追い風となり得る。

 

 日本では2日(金)GPIF(年積立金管理運用独立行政法人)運用状況で3月末時点のポートフォリオが判明する。新年度入り後、年金勢の外債及び外株投資は弱い状況だが、その背後にやはりGPIFのポートフォリオシフト完了があったかを確認したい。1日(木)日銀短観では年明け後の円安基調を受け、本邦企業の想定為替レート(前回時点の21年度ドル円想定は106円07銭)にどの程度の動きが出るかが注目される。

 

※2021年6月28日発行「国際金融為替ウィークリー」より一部抜粋

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年6月29日に公開されたものです。

元記事:ドル円想定レンジ:1ドル=110.00~112.00円(野村ストラテジストのドル円の見方)(6/29)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。