〈話題の米国株〉クラウド事業が業績を牽引《マイクロソフト》

〈話題の米国株〉クラウド事業が業績を牽引《マイクロソフト》

職場や家庭などで広く利用されているWindowsやエクセル・パワポなどのソフトウエア。子供の頃に授業で初めて触って以来、ずっと使っているという方も多いポピュラーなものですが、これらを世に送り出しているのが、マイクロソフト(Microsoft Corp)。1970年代に米国で誕生した企業で、創業者のビル・ゲイツ氏は世界最大の慈善基金団体を興したことでも知られています。
ビジネスユース以外では、アミューズメント分野のXboxもハードウエア・コンテンツサービスともにシェアを拡大しています。

2022年4月26日に発表された1〜3月期の決算では、売上高は494億ドル(約6兆3000億円)で、前年同時期と比べ18%増加しています。堅調な業績を牽引しているのは「アジュール」や「オフィス365」などのクラウドサービス。
ARや拡張現実などの分野にも力を入れており、今後の展開に注目しつつ、ウォッチリストに入れておくのも良さそうです。

関連記事はこちら

レポート作成元:エックスデザイン​
重要事項(ディスクレーマー)

本レポートは、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。

本レポートはエックスデザインが信頼できると判断した情報をもとにエックスデザインが作成・表示したものですが、エックスデザインは本レポートの内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。
本レポートに掲載されている発行体の有価証券、通貨、商品、有価証券その他の金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本レポートは将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本レポートおよび本レポートに記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、エックスデザインは、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。

本レポートは、エックスデザインが作成し、LINE証券が加工・修正しております。​

トップへ戻る