人類最大の発明を利用して今日からお金を増やしませんか?

2021年4月27日

資産形成というとお金持ちの人の話ですよね?などと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。その理由と、お金をふやしていくコツを解説します。

誰にとっても大切な老後の資産形成

1
1

資産形成というとお金持ちの人の話ですよね?などと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

人生100年時代と言われていますが、人生の前半では働いてお金を稼ぎ、後半では公的年金を受け取りながら、年金だけでは足りない部分についてはそれまでに貯めてきたお金を取り崩しながら生活していくことになります。 

つまり、資産形成というのは人生の後半で働けなくなった時に備えてお金をしっかり貯めていきましょうということで、誰にとっても大切なことなのです。もちろん老後のため以外にも、結婚資金、住宅資金、教育資金など、人生のライフイベントに応じてまとまったお金が必要になることがあります。そのため20~30代といった若いうちから計画的に資産形成に取り組んでいくことが重要なのです。

資産形成には貯金だけではなく投資が必要?

現在は普通預金の金利が0.001%と非常に低いのはみなさんもご存知かと思います。

一方、例えばですが日本株式や外国株式を対象としたインデックスファンドと呼ばれる投資信託に投資した場合、過去10年間では次のような推移となっていました。

2
2

※グラフは、東証株価指数(TOPIX)をベンチマークとする日本株式インデックスファンド「インデックスファンドTSP」、MSCIコクサイをベンチマークとする外国株式インデックスファンド「ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン」のそれぞれについて2010年12月末を100とした場合の基準価額の推移を示しています。基準価額のデータは一般社団法人投資信託協会のホームページより取得

10年、20年といった長期にわたって投資を継続した場合に、振り返ってみると平均的には年率で4~5%の利回りで増やすことができた、というものになります。

毎年確実にこの利回りで上がっていく、というものではないため、貯蓄だけ、投資だけといったどちらか一方ではなく、貯蓄と投資で適度にバランスを取りながら、両方を活用して資産形成していくのがおすすめです。

アインシュタインもすごさを認める「投資の複利効果」とは?

3
3

10,000円を利回り5%で1年間運用すると500円のリターンが生まれ、続けて元本10,000円のみをもう一年運用するとさらに500円となります(税金は考慮していません)が、これは単利での運用です。

一方、1年目で増えた500円を元本に加えて2年目は10,500円を運用すると、525円のリターンとなりますが、このように一般的に利子やリターンで増えた分をそのまま運用にまわして継続していく方法を複利での運用と言います。天才物理学者と言われたアインシュタイン博士は「複利は人類最大の発明」という言葉を残したとも言われていますが、この複利での資産運用というのはどれほどスゴイのでしょうか。

 

複利での運用では72の法則と呼ばれるものがあります。これは、運用金額が2倍になるまでの年数と運用利回りに次のような関係があるというものです。

株式や投資信託などを活用して、利回り3~5%といったリターンを実現していくのは決して難しいことではありません。20年後、30年後といった将来に向けて、できるだけ早いうちから資産形成を始めると時間が味方となってくれます。

利回り0.001%だと積立元本とほぼ変わらずの約360万円、利回り3%なら約583万円、5%なら約832万円となります。

 そして特に注目して頂きたいのは、グラフの右側です。グラフの左側、つまり投資しはじめの頃はいずれの利回りでもそれほど大きな違いにはなっていませんが、投資期間が長くなるほど利回りの差が明確に現われ、運用金額の大きな差となっています。これがまさにアインシュタイン博士が言っている複利の効果です。

 

この複利の力を借りて資産形成するためにはできるだけ早くに始め、運用期間をできるだけ長くすることが大切です。運用期間を長く取ることができると、同じ金額を達成するために必要となる積み立て元本が少なくて済むので、若い人ほど有利になるわけです。

今日から資産形成、はじめませんか?

これからの人生で最も若い日は、今この記事を読まれているまさに今日です。まだ本格的に資産形成を始めていないという方は、今日から早速資産形成を始めてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

横田健一

ファイナンシャルプランナー。株式会社ウェルスペント 代表取締役

大手証券会社にてデリバティブ商品の開発やトレーディング、フィンテックの企画・調査などを経験後、2018年1月に独立。「フツーの人にフツーの資産形成を!」というコンセプトで情報サイト「資産形成ハンドブック」を運営。家計相談やライフプラン・シミュレーションの提供を行い、個人の資産形成をサポートしている。

 

資産形成ハンドブック:https://shisankeisei.jp/

YouTubeチャンネル 資産形成ハンドブック :

https://www.youtube.com/channel/UCLAKtSh8TLpEA19PyD2cuOA