激変する株式市場でも注目の割安株をご紹介!

 

2020年9月23日

 

日本の首相も変わり、今後の相場全体の動きも気になるところ。そこで、今回はテクニカル分析を用いて、アナリストが日経平均株価の方向性を語ります!

注)撮影後に取引所取引の委託手数料が変更となっています。最新の「手数料等およびリスク・ご注意事項」はこちらをご参照ください。

株式相場の潮目が変化⁉

コロナによる社会構造の変化の恩恵を受けると思われるIT関連などのグロース銘柄が、今までは大きく買われておりました。ただ、ここに来て相場の潮目が変化し、バリュー株が見直されている状況です。今回はその変化について詳しく、ご説明いたします。

激変する株式市場でも注目のバリュー株をご紹介!

今回は東証一部上場、時価総額上位500社、PBR1倍以下、ROE9%以上の銘柄を厳選。さらに、厳選された銘柄を売上高順にランキング*しました!

【1位】三菱商事(8058)

├ PBR 0.73倍

├ ROE 9.3%
└ 売上高 147,797億円

銘柄情報をみる

【2位】日本電信電話(9432)

├ PBR 0.92倍

├ ROE 9.3%

└ 売上高 118,994億円

銘柄情報をみる

【3位】三井物産(8031)

├ PBR 0.85倍

├ ROE 9.7% 

└ 売上高 68,850億円

銘柄情報をみる

【4位】豊田通商(8015)

├ PBR 0.89倍

├ ROE 11.3%

└ 売上高 66,941億円

銘柄情報をみる

【5位】SUBARU(7270)

├ PBR 0.94倍

├ ROE 9%

└ 売上高 33,441億円

銘柄情報をみる

【6位】オリックス(8591)

├ PBR 0.59倍

├ ROE 10.3%

└ 売上高 22,803億円

銘柄情報をみる

【7位】大林組(1802)

├ PBR 0.86倍

├ ROE 14.3%

└ 売上高 20,730億円
 

【8位】鹿島建設(1812)

├ PBR 0.84倍

├ ROE 13.4%

└ 売上高 20,108億円
 

【9位】東海旅客鉄道(9022)

├ PBR 0.81倍

├ ROE 10.9%

└ 売上高 18,446億円
 

【10位】双日(2768)

├ PBR 0.51倍

├ ROE 10.2%

└ 売上高 17,548億円
 

【11位】清水建設(1803)

├ PBR 0.84倍

├ ROE 13.6%

└ 売上高 16,983億円
 

【12位】ヤマハ発動機(7272)

├ PBR 0.79倍

├ ROE 11.1%

└ 売上高 16,648億円
 

【13位】中国電力(9504)

├ PBR 0.75倍

├ ROE 15%

└ 売上高 13,474億円
 

【14位】三菱UFJリース(8593)

├ PBR 0.6倍

├ ROE 9.2%

└ 売上高 9,238億円
 

【15位】昭和電工(4004)

├ PBR 0.6倍

├ ROE 15.5%

└ 売上高 9,061億円
 

【16位】太平洋セメント(5233)

├ PBR 0.79倍

├ ROE 9.2%

└ 売上高 8,844億円
 

【17位】芙蓉総合リース(8424)

├ PBR 0.76倍

├ ROE 9.7%

└ 売上高 7,123億円
 

【18位】レンゴー(3941)

├ PBR 0.71倍

├ ROE 10.3%

└ 売上高 6,838億円
 

【19位】野村不動産ホールディングス (3231)

├ PBR 0.69倍

├ ROE 9.1%

└ 売上高 6,765億円
 

【20位】横浜ゴム(5101)

├ PBR 0.61倍

├ ROE 10.6%

└ 売上高 6,505億円
 

【21位】戸田建設(1860)

├ PBR 0.79倍

├ ROE 9.6%

└ 売上高 5,187億円
 

【22位】ふくおかフィナンシャルグループ(8354)

├ PBR 0.43倍

├ ROE 13.6%

└ 売上高 2,832億円

 

 

(※)PBR1倍以下、ROE9%以上、東証一部上場、時価総額上位500社を条件にスクリーニング。売上高順に降順。2020年9月17日現在  株式会社フィスコのデータをもとに算出。

アナリスト:馬渕磨理子

日本テクニカルアナリスト、(株)フィスコ企業リサーチレポーター。日本株の個別銘柄を各メディアで執筆。また、ベンチャー企業の(株)日本クラウドキャピタルでマーケティングを行う。

Twitter@marikomabuchi

レポート作成元:株式会社フィスコ

重要事項(ディスクレーマー)

本レポートは、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。

 

本レポートはフィスコが信頼できると判断した情報をもとにフィスコが作成・表示したものですが、フィスコは本レポートの内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。

 

本レポートに掲載されている発行体の有価証券、通貨、商品、有価証券その他の金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本レポートは将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本レポートおよび本レポートに記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。