【特集】買収提案が出た際、株価はどのように動くのか?

5/5 20:00 FINTOS!編集

【特集】買収提案が出た際、株価はどのように動くのか?

 企業買収は株式市場でも特に注目度の高いイベントの一つです。一般論として、買収提案が出た際の対象企業の株価動向はどのようなものになるのでしょうか。野村證券投資情報部の村山誠シニア・ストラテジストが解説します。

買収の実現性が株価動向のポイントに

 買収の実現性が高ければ、買収対象となる企業の株価は、買収提案価格に近づきます。また、当該企業について他の企業も買収に名乗りを上げて、買収合戦のようになれば、買収価格の上昇を見越して、株価は一段と上昇する可能性があります。

 一方、買収の実現性が低い場合には、株価は買収価格を下回る水準で推移するということもあります。買収の実現性が低い場合とは、買収する側の資金調達力に疑問がある場合とか、規制当局の認可がおりそうにない、などが例として挙げられます。

 規制当局の認可とは、買収によってその産業の独占・寡占度合いが高まることが危惧される場合、買収そのものが阻止される可能性があります。あるいは認可されるとしても、買収後に幾つかの事業部門を売却することを条件とするなど、当初の計画から大きな修正が必要となることもあります。この場合、買収価格の変更や、買収提案が実行されない可能性が意識されたりして、やはり株価は当初の買収価格を下回って推移するということもあり得ます。

(野村證券投資情報部 村山誠)

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料
この記事は「FINTOS!」で2022年5月5日に公開されたものです。
元記事:【特集】買収提案が出た際、株価はどのように動くのか?


重要事項(ディスクレーマー)
過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。
他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。
本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。

トップへ戻る