2022年12月末の日経平均を31,000円と予想(野村證券「日本株投資戦略」より)

12/9 17:00 FINTOS!編集部

 野村證券は11月12日発行のリサーチレポート「日本株投資戦略(11月号)」にて、2022年12月末の日経平均株価見通しを公表しています。この記事では当該レポートの冒頭要約部分を引用し、2022年の市場予想を紹介します。

日本株投資戦略(11月号) – 2022年の日本株は前半堅調、後半足踏み

2022年12月末の日経平均を31,000円と予想(野村證券「日本株投資戦略」より)

業績ピークアウトをいったん織り込むのは22年後半

日経平均は6月末32,000円、12月末31,000円を予想

 日本株インデックスの22年6月末/12月末予測値を、TOPIX:2,200/2,050、日経平均株価:32,000円/31,000円とした。2022年の日本株は前半堅調、後半には足踏みすることを予想している。企業業績については、トップダウンの観点からTOPIX-EPSを21年度:115.8(前年比+27.9%)、22年度:139.5(同+20.4%)、23年度:145.0(同+4.0%)と試算する。

景気回復と金融緩和の組み合わせで21年の株式市場は上昇トレンド
 2021年のグローバル株式市場は、総じて力強い上昇トレンドを維持した。コロナ禍からの景気回復が続く一方、日・米・欧の3大中銀は政策の正常化を急がない姿勢を保っている。この組み合わせにより、企業業績は大幅増益、バリュエーションも底堅く推移、というのが全体像となった。端的に言えば、世界経済の回復が前半戦だったことが株高継続の大きな背景だった。

景気回復は後半戦に、全体観としては2022年の日本株にはやや慎重

 これに対し、2022年は回復後半戦に入っていく。象徴的なのは2021年10月時点で米失業率が4.6%まで低下していることだろう。1993年以降の年間TOPIXリターンを見ると、米失業率が高い局面から低い局面にシフトするほど、年間リターンが下がるという傾向が確認できる。グローバル景気サイクルの観点から判定すれば、2022年の日本株インデックスにはやや慎重というのが全体観だ。企業業績についても、2022年は大幅増益局面の終盤となろう。

年前半は業績ピークアウトを織り込むには早く、株価は堅調に推移しよう

 2022年前半の日本株は堅調に推移することを見込む。2000年以降、TOPIX-EPS(12カ月累積ベース)と指数のピークアウトの時間差を振り返ると、3~15カ月となっており、中位3例では7~10カ月である。仮に22年度末(23年1~3月期)を業績水準のピークとすると、株価のピークは22年4~6月期という大まかなイメージになる。22年前半は、業績ピークアウトを織り込むには早いと考える。上値は日経平均株価で34,000円まで見ている。

年後半には内外リスク要因が集中、株価は足踏みへ

 年後半には株価の足踏みを予想する。業績のピークアウトが織り込まれる可能性に加えて、以下の内外のリスク要因が集中する。すなわち、(1)米国では中間選挙後の「ねじれ」による政治停滞リスク、(2)国内では税制改正で金融所得課税を含む増税が検討される可能性、(3)黒田日銀総裁の任期満了(23年4月)が近づき、日銀の政策継続性への不透明感が高まる、ことである。セクター判断については、外需・景気敏感優位から内需・ディフェンシブ優位への一時的なシフトが22年半ばに訪れるとみる。
 本レポートではこの他、3章「需給動向:海外勢が買い越しやすい季節に」、4章に「クオンツ戦略:「V字回復ではない高成長株」に妙味」を取り上げた。

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料
この記事は「FINTOS!」で2021年12月9日に公開されたものです。
元記事:2022年12月末の日経平均を31,000円と予想(野村證券「日本株投資戦略」より)

重要事項(ディスクレーマー)
過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。
他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。
本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。

トップへ戻る