NTT/関西電/ファーストリテイ(野村アナリスト 今週の銘柄紹介)

 

2021年11月24日

 

11/22 13:00 FINTOS!編集部

日本電信電話(9432) 情報・通信

2021年7 ~ 9 月期は良好な利益進捗

 2021年7~9月期営業利益は前年同期比2.3%増の5,230億円となり、セグメント別では地域通信事業、データ通信事業、不動産を含むその他事業が増益を牽引している。移動通信事業では月間平均収入は料金値下げにも関わらずスマートフォンへの移行拡大などにより前年同期比0.2%減を確保している。

 

 また、NTT ドコモでは債権の流動化を進めており、22.3期以降の当社連結フリーキャッシュフローの水準が切り上がると予想される。このため、今後も積極的な株主還元の維持が可能と考えられ、野村では継続的な増配と高水準の自己株式取得を前提としている。

 

会社は24.3期EPS目標を370円へ上方修正

 当社はカーボンニュートラル目標を2040年度に設定し、2030年度までに使用電力の80%を再生エネルギーに転換し、第二に、2030年度頃に光電融合技術により100分の1の低消費電力を実現するチップを約半数の機器に搭載予定である。

 

 会社は24.3期のEPS(1株当たり利益)目標を370円に設定し、コミットメントを示している。従来計画に対し2,000億円以上の費用削減が積み増された他、NTT ドコモ100%子会社による営業利益シナジー(相乗)効果として1,000億円が計画されており、うち約半分が費用削減効果、残り約半分が増収効果とされている。

(増野 大作)

関西電力(9503) 電気・ガス

原発再稼動の恩恵を享受

 原子力発電依存度が高く、中期的には現行5基から7基体制を目指す。

 

 美浜3号、高浜1・2号の後続3基の原発再稼動により、原油入着価格1バレル当たり75米ドルの前提で燃料費は年1,160億円減る一方、減価償却費が年400億円増え、営業利益で年760億円の増益要因と予想する。定期検査に係る修繕費年160億円を控除しても、同600億円の増益要因となろう。非化石証書価格を0.6円/ kWh と仮定すれば、年100億円の増益効果が期待される。2025.3期以降は容量市場からの収益も見込まれる。仮に油価前提を10米ドル引き上げると、燃料費減少効果は230億円程度増加、経常利益押し上げ要因と考える。

 

低炭素電力へのニーズが高まろう

 野村では22.3期の燃料費調整制度上の差損益を除く経常利益は1,380億円と、会社計画1,220億円を上回ると予想している。22.3期上期実績を踏まえると、22.3期通期の出水率(水力発電量)、小売電力量、生活・ビジネスソリューションの経常利益は野村予想を上回る可能性はあるが、ガス事業における原料高、昨年度と同様に厳冬で燃料調達費が嵩むリスクもあろう。

 

 現行株価は、原発再稼動による燃料費削減効果や、非化石電源の拡大が難航する中でCO2削減を進めるため、原発再稼動で先行する当社の低炭素電力へのニーズが高まる可能性を織り込んでいないと考える。

(松本 繁季)

業績モメンタムは今後改善へ

 2021.8期は、新型コロナ影響のあった20.8期から業績は大きく改善し、事業利益は前期比50%増益の2,555億円となった。国内では新型コロナ禍での在宅ニーズを捉えたほか、中国でも大幅な増収増益となった。値引き抑制や原価率の低減、物流費改善など、体質強化も進んだ。

 

 一方、21.8期下期は業績にやや減速感も出た印象で、国内では新型コロナによる外出自粛や天候不順により第4四半期の売上が弱含んだほか、中国でも同様の理由で売上がスローダウンした。ただし、国内を中心に前年ハードルの高い時期が徐々に終わることで、今後の業績モメンタムは改善に向かうと野村では見ている。

 

強みへの評価は不変

 店舗やEC(電子商取引)から集まる情報を活かした商品開発など、当社の強みに鑑みれば、先行きの販売面への懸念は不要だろう。新型コロナ禍で進んだ衣料のカジュアル化・実需志向のトレンドは今後も残ると野村では予想しており、当社はコロナ後でも成長できる企業と評価できよう。

 

 22.8期は海外を中心に業績拡大が続くと予想する。22.8期は次の成長に向けた基盤強化の時期ともなると見られ、国内での在庫適正化や値引き抑制、経費の効率化、欧米での出店加速に向けた準備等が進む見込みである。国内外での販売動向も含め、23.8期以降のさらなる成長に向けた確度が高まるかに注目している。

(山岡 久紘)

 

※野村週報2021年11月22日号「銘柄研究」より

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年11月22日に公開されたものです。

元記事:NTT/関西電/ファーストリテイ(野村アナリスト 今週の銘柄紹介)

 

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。