ゼオン/エーザイ/SMC(野村アナリスト 今週の銘柄紹介)

 

2021年8月24日

 

08/23 20:30 FINTOS!編集部

エラストマーと高機能材料の2本柱

 当社の事業はエラストマー(ゴム関連製品)と高機能材料に分けられるが、近年は特に、汎用品から特殊品、高付加価値品へのシフトに注力している。

 

 特に、高機能材料事業は独自性の高い技術に支えられた利益率の高い製品が揃っており、2013.3期の514億円から21.3期の955億円へ売上拡大が目覚ましい。COP(シクロオレフィンポリマー)を用いたフィルムや樹脂は当社を特徴付ける製品群で、低吸水性(高湿度でも寸法が安定)、低不純物、高い光学特性(透明、低複屈折)などの特長があり、ディスプレイ用フィルムやレンズなどの光学材料、シリンジ(注射筒)などで用いられている。

電池用バインダーの高成長を予想

 リチウムイオン電池用バインダー(電極の活物質を集電体に付着させる)では、当社は特に負極用で強みがあり5割強の高い世界シェアを持つと推測される。電池の性能や安全性・寿命など特性向上の技術開発を行ってそれを提案・提供できることが当社の強みで、販売先も特定の電池メーカーに偏ることなく中国・韓国・日系の有力電池メーカーに広がっている。

 

 現状、リチウムイオン電池はその多くがEV(電気自動車)で使用されているが、各国の環境政策により40年頃にかけてEVの市場は大きく伸びると見られ、当社のバインダー事業も業績が大きく伸びる可能性があると見ている。

(河野 孝臣)

エーザイ(4523) 医薬品

Aduhelmの立ち上がりはゆっくり

 アルツハイマー病治療薬Aduhelm(aducanumab)の2022.3期業績への貢献は軽微だろう。投与には脳内アミロイドβの蓄積確認が必要で、高額かつ台数が限定されているPET 検査か、侵襲性の高い髄液検査の2つに限られる。両検査の普及は限られており、浸透には時間がかかろう。

 

 準備は着実に進んでいる。Biogen社によると米国でAduhelm 処方の準備をしていた900施設のうち325施設ではAduhelm を採用した。アルツハイマー病患者の関心は非常に高い。12月頃に判明する米Medicare(高齢者等公的医療制度)の全国保険償還の判断が下されれば、同保険加入者での保険償還の問題はなくなろう。

アルツハイマー病の治療薬2つに注目

 Aduhelm の次の注目点は21年後半の欧州・日本の承認可否と米国大手ラボによる血液アミロイドβ検査の提供であろう。P(フェーズ)3試験の詳細データを見る限り、Aduhelm は臨床症状悪化を抑制している可能性が高く、欧州・日本での判断に期待する。また同検査も既に2社が開発済みであり、ニーズを考えると早期の提供を期待する。同検査の普及はAduhelm 浸透に貢献しよう。

 

 BAN2401も忘れてはならない。22年7~9月期にP3試験結果が判明する。BAN2401のアルツハイマー病予防試験が進行中であり、成功すれば予防での期待が高まろう。

(甲谷 宗也)

SMC(6273) 機械

低コストで自動化を実現する空圧機器

 圧縮された空気の力を使ってモノを動かす空圧機器で世界最大のメーカー。

 

 モノを動かす仕組みには油を使う油圧機器、電気を使うモータもある。空圧は油圧よりも非力だがクリーンで安全、モータと比べて位置決め精度は低いが、低価格で設置が容易である。簡単に自動化を実現する機器として幅広い産業や用途で使われる。

 

 当社の強みは、基本型1.2万、品目70万という幅広い品揃えを持ち、その7割を3日以内に納入できる短納期体制にある。こうした強みで世界シェア(推定)は2008.3期の26%から21.3期に38%へ上昇した。

 

 また、量産効果とコストダウンで売上営業利益率は21.3期28%と非常に高い。

新社長の下で持続的成長へ体制強化

 当社株は高利益率の循環成長株として中期投資に魅力的と見られる。第1に、需要の成長である。当社では電機産業向け売上比率が3割と高く、中期的に成長が見込まれる半導体投資需要を取り込める。電気自動車、二次電池など新産業向けも増えよう。また、食品、医療を含めて幅広い産業で自動化需要が一段と進むと予想される。

 

 第2に、4月就任の高田芳樹社長の下、持続的な成長へ体制作りが進む。IT(情報技術)化、中国の組織再編に着手した。海外での開発、生産の強化も計画している。

 

 今後も世界シェアの上昇が続き、需要の循環成長と相まって、利益の拡大が続くと予想される。

(齋藤 克史)

 

※野村週報2021年8月23日号「銘柄研究」より

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料

この記事は「FINTOS!」で2021年8月23日に公開されたものです。

元記事:ゼオン/エーザイ/SMC(野村アナリスト 今週の銘柄紹介)

 

重要事項(ディスクレーマー)

過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。

他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。

本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。