アクティブ型も悪くない?インデックス型と比較してみよう!

アクティブ型も悪くない?インデックス型と比較してみよう!

投資信託には大きく分けて、「インデックス型」「アクティブ型」という2つのタイプがあります。それぞれの特徴を理解しながら、皆さんにはどちらのタイプが合うのか、じっくり考えてみましょう。

インデックス型投資信託の運用イメージ

インデックス型は、TOPIX(東証株価指数)や米国S&P500種指数など特定の指数に、「値動きを機械的に連動させる」ことをめざす投資信託です。若干の誤差は生じるものの、どのインデックス投資信託でも、値動きはおおむね対象とする指数に連動しています。

一般的に指数は市場の平均値を表すといわれるので、たとえば皆さんがTOPIXへの連動をめざすインデックス投資信託を購入した場合、皆さんは日本株市場の平均値に投資したと考えることができます。

アクティブ型投資信託の運用イメージ

アクティブ型は、ファンドマネージャーという投資のプロが独自の調査や判断にもとづいて銘柄を売買し、最終的に「指数を上回る運用成果」をめざす投資信託です。

皆さんがアクティブ型を購入した場合、皆さんも指数を上回る投資成果をめざすことになりますが、それが上手くいくかどうかは、ひとえにファンドマネージャーの腕にかかっています。そのため、アクティブ投資信託を選ぶ際には、運用方針や運用実績などを見て判断することが大切です。

投資家からみたインデックス型とアクティブ型の主な違い

インデックス型は、機械的な運用をおこなうため、運用手数料などの投資コストが低い傾向にあるため、運用コストをなるべく抑えたい方に向いています。また、日経平均やS&P500 に投資をするということは、日本や米国に投資をすると言い換えることもできるでしょう。各国の状況は、日常のニュースなどで簡単に確認することができ、こういった状況把握の容易さはインデックス投資信託のメリットと言えます。最終的な投資成果はあくまでも相場(市場平均)次第であることには注意が必要です。

アクティブ型では、ファンドマネージャーによる調査や銘柄管理に手間ひまがかかります。そのためインデックス型に比べると、運用手数料などの投資コストは全体的に高くなる傾向があります。投資スタイルや投資テーマなどに応じて商品の種類が豊富に揃っており、指数連動タイプの投資を上回る運用成績を狙いたい方や、さらに細かなテーマに投資をしていきたい方に向いています。商品によっては指数を上回るものも、下回るものもあるため、ファンド選定には注意が必要です。

日本株に投資する、主なインデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の運用成績

日本株に投資する、主なインデックス型とアクティブ型の運用成績を比較してみましょう。どのアクティブ型も、過去1年~10年のいずれかの期間で、インデックス型の運用成績を上回っていることが分かります。毎年かかる運用手数料に0.6~1.3%程度の差があるなかで、それを跳ね返して指数を上回っていることは、今後20年、30年といった長期の運用にも大いに期待が持てそうです。

ファンドによっては運用成績がインデックス型を大きく下回っている期間もあることから、アクティブ型は価格変動リスクが大きいことには注意しなければなりません。それを踏まえたうえで、将来的により大きなリターンを狙いたいという人ならば、アクティブ型の購入を検討してみてはいかがでしょうか。


\LINE証券のアクティブファンドはこちら/

年率リターンランキング(世界)


ファンドマネージャーが独自の投資先選定や資産配分により、積極的に高い成果を目指すアクティブファンド。世界に目を向け様々な資産に投資できます。

年率リターンランキング(日本)


ファンドマネージャーが独自の投資先選定や資産配分により積極的に高い成果を目指す日本に投資するアクティブファンド。

関連記事はこちら

レポート作成元:株式会社エディト
重要事項(ディスクレーマー)
本レポートは、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。

本レポートはエディトが信頼できると判断した情報をもとにエディトが作成・表示したものですが、エディトは本レポートの内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。
本レポートに掲載されている発行体の有価証券、通貨、商品、有価証券その他の金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本レポートは将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本レポートおよび本レポートに記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、エディトは、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。

本レポートは、エディトが作成し、LINE証券が加工・修正しております。​

トップへ戻る