月1000円から始められるつみたて投資!投資の効率アップを目指しましょう。

まとまった資金も、難しい銘柄選びも、つみたて投資には必要ありません。

月1000円から始められるつみたて投資!投資の効率アップを目指しましょう。

 投資に興味はあるけれど、「まとまった資金がないから自分には無理」と思っている人も多いのではないでしょうか。たしかに有名企業の株式などを、通常の取引方法(100株単位の現物取引)で購入するには、かなりの資金を用意しなければなりません。

有名企業の株式を購入するのに最低限必要な金額

 たとえば、ユニクロのファーストリテイリングは600万円超、比較的安いトヨタ自動車でも19万円程度が最低限必要です。(※LINE証券では、1株単位で取引できる銘柄もあります。)

つみたて投資なら、少額の資金で投資できる

 LINE証券のつみたて投資では、月々1000円という少額から、投資信託を通じて株式などへの実質的な投資が可能になります。皆さんは自分で決めた無理のない金額ずつ、毎月同じペースで投資信託を購入していくだけ。株式などへの実質的な投資は、皆さんに代わって投資信託がすべてやってくれます。

つみたて投資なら、自分で銘柄を選ぶ必要なし

 つみたて投資なら、いったいどの銘柄を選んだらいいのだろうかと、頭を悩ます必要もありません。投資信託は、複数の銘柄に分散して投資することが大きな特徴です。投資信託は、多くの投資家の資金を集めて、専門家が運用するので、皆さんが投資信託を購入すると、結果として多くの銘柄に投資できることになります。

 つみたて投資では、投資信託の価格(基準価額)が高いときには少ない量を、安いときには多い量を、それぞれ自動的に購入していきます。

つみたて投資の効果

 一度にまとめて購入する一括投資に比べると、平均購入単価が低く抑えられるので、より効率的に投資をおこなうことができます。

 つみたて投資をつみたてNISAの口座でおこなうと、得られた利益が非課税になるというメリットがあります。

投資で10万円の利益が出た場合

 たとえば10万円の利益が出たとき、つみたてNISAを利用した場合と、そうでない場合とでは、手元に残る金額が2万円以上も違ってきます。
このメリットを存分に活用して、さらに投資の効率アップをめざしましょう。

関連記事はこちら

レポート作成元:株式会社エディト
重要事項(ディスクレーマー)
本レポートは、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。

本レポートはエディトが信頼できると判断した情報をもとにエディトが作成・表示したものですが、エディトは本レポートの内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。
本レポートに掲載されている発行体の有価証券、通貨、商品、有価証券その他の金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本レポートは将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本レポートおよび本レポートに記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、エディトは、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。

本レポートは、エディトが作成し、LINE証券が加工・修正しております。

トップへ戻る