いまこそ考えたい「投資」という選択

将来に向けてお金を増やすためには、どんな手段があるのでしょうか。

いまこそ考えたい「投資」という選択

 お金を増やすためには、普段からできるだけ節約を心がけて、貯蓄を増やすことが肝心です。一般的には、手取り収入の2~3割程度を毎月コツコツ貯めていくのが理想と言われています。データをみると、みんな結構、貯蓄に励んでいることが分かります。

現役世代の1か月の収入と貯蓄率
貯蓄預金では、ほとんどお金は増えません

 ただし、貯蓄だけでお金を増やすことには限界があります。たとえば現在、大手都市銀行(メガバンク)の定期預金では金利がわずか年0.002%。100万円を預けても1年に20円しか増えてくれません(税引き前)。

置き場所を変えると、お金の動きも変わってくる

 お金は置き場所によって、その動きが変わってきます。金利の低い銀行預金口座にお金を置くことは、いわばお金を眠らせておくようなもの。一方で、例えばお金の一部をつみたて投資に回せば、放っておいてもお金が自らリターンを稼いでくれます。つまり、「お金にも働いてもらう」ことができるわけです。

長期でみると、貯蓄と投資ではお金の増え方が違う

 20年程度の長期でみると、貯蓄だけの場合と投資もおこなった場合とでは、お金の増え方が相当に違ってきます。たとえば毎月2万円ずつ定期預金で20年間貯めても、利息は1000円つくだけです。毎月2万円ずつ20年間のつみたて投資で、年平均3%のリターンが得られれば、投資元本の3割強にあたる170万円以上もお金が増えることになります。(年1回の複利で計算、小数点以下を四捨五入。)

つみたてNISAを活用してつみたて投資をすると…

 つみたてNISAを活用してつみたて投資をすると、月々1000円程度の少額から手軽に投資を始めることができます。用意された投資信託のなかから好きなものを選んで購入すれば、実質的な投資はすべて投資信託にお任せできるので、投資に慣れていない人でも安心です。毎月少しずつ貯蓄の一部を投資に回して、お金にもコツコツと働いてもらうようにしましょう。

関連記事はこちら

レポート作成元:エックスデザイン​
重要事項(ディスクレーマー)

本レポートは、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。

本レポートはエックスデザインが信頼できると判断した情報をもとにエックスデザインが作成・表示したものですが、エックスデザインは本レポートの内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。
本レポートに掲載されている発行体の有価証券、通貨、商品、有価証券その他の金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本レポートは将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本レポートおよび本レポートに記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、エックスデザインは、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。

本レポートは、エックスデザインが作成し、LINE証券が加工・修正しております。​

トップへ戻る