LINE証券

今話題の投資信託2銘柄を新しく取扱い開始!

 

10月12日より、話題の投資信託2銘柄の取扱いを開始しました。社会のデジタル化が加速している中で、テクノロジー関連企業が大きく注目されております。デジタル化の流れが益々進むと思われる中で、皆様に少しでもデジタル化の恩恵を受けられるような投資信託を厳選しました!両ファンドとも、コロナ禍で大きく下落した3月から基準価額が2倍近くになっており、さらには残高も急激に拡大している、まさに話題の投資信託となっております。

iFreeNEXT FANG+インデックス

NYSE FANG+指数(円ベース)の値動きに連動した投資成果を目指します。Facebook、Amazon、Google、Twitterだけでなく、今中国で大きく成長しているバイドゥ(検索サイトなどを手掛けている会社)やアリババ(オンラインショップなどを手掛けている会社)などにも投資ができ、この投資信託1つで、世界の最先端企業にまとめて投資ができます。

設定来累積リターンと純資産総額の推移

iFreeレバレッジNASDAQ100

日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドル)の値動きの2倍程度となることを目指しております。
Apple、Microsoftなど、誰もが知るIT企業だけでなく、在宅ワークで注目のZoomなど、今後成長が大きく期待できる企業に投資することができます。

設定来累積リターンと純資産総額の推移